不動産登記

豊富な実績を持つ不動産登記のスペシャリストが
あなたの大切な財産を守るため、
一連の手続きをサポートいたします。

 司法書士は、不動産登記のあらゆるご相談にお応えするスペシャリストです。売買や贈与による不動産の名義変更、住宅ローンの借換、完済に伴う抵当権抹消など、不動産登記に関するどんなご相談でもお寄せください。

不動産の購入・売却・その他

 住宅の建築や購入、土地の売却などに欠かせないのが不動産登記です。
お見積は無料でいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

売買による不動産登記手続き

■ 安全な売買取引のために欠かせない手続き

 「不動産登記制度」とは、土地や建物の所有者を明確にし、取引を円滑に行うために定められています。不動産は売買代金の支払いと同時に買主へ所有権が移りますが、名義を変更して初めて、第三者にも権利を主張できるようになるのです。

 また、不動産の売買には大金が動きますので、買主が売主に売買代金を支払う行為と、売主が買主に名義変更の必要書類を渡す行為は、同時にしないと安全な取引とは言えません。「決済」と呼ばれるこの取引行為に立ち会うことは、司法書士の重要な職務の一つです。

地役権の設定

■ 他の土地の便益を確保するための登記

 自分の土地が公道に面しておらず、まわり道をするのは不便だという場合には、隣の土地の所有者に「通行のためにあなたの土地を使わせてほしい」と申し出て、厚意によって承諾していただくことがあります。しかし土地が売却された場合、次の所有者が通行を許可してくれるとは限りません。これは「地役権」を登記することで保全できます。

 地役権設定とは、自分の土地(要役地)を利用するために、他の土地(承役地)の一部を利用させてもらう不動産登記で、通行権、引水権、日照権などがあります。地役権を登記すれば、所有者が変わっても、第三者にも権利を主張できるようになります。

ローンの借換・完済による抵当権抹消

 住宅ローンや、事業資金ローンを借換する場合は、担保設定した不動産の(根)抵当権を付け替えなければなりません。
これらは、金融機関のご担当者との連携が必要となります。また、ローンを完済すると、金融機関から
抵当権抹消の書類が発行されますので、できるだけすみやかに手続きをしましょう。

住宅ローンや事業資金ローンの借換

 金利の優遇等を考えて、ローンの借換を検討される方もいらっしゃるかと思います。住宅ローンや、事業資金ローンを借り換える場合は、不動産に設定された(根)抵当権を付け替える登記を行います。

抵当権・根抵当権の抹消登記

 住宅ローン等の借入金を返し終えると、金融機関から完済を証明する書類が届きます。放置したまま金融機関の統廃合等があれば、手続きが面倒になりますので、重要な書類を紛失しないうちに、すみやかに抵当権・根抵当権の抹消登記を行いましょう。

放置された昔の抵当権や古い用益権の抹消

 古い用益権や放置されたままの抵当権がついていると、不動産の処分が難しくなります。
抹消のご相談はお気軽にどうぞ。

古い用益権の抹消

■ 登記簿上の権利関係をきれいに

 抵当権設定と同時に賃借権の仮登記がなされている古い登記記録をご覧になったことはありますか?法改正によって今ではなくなった習慣ですが、このような古い用益権は、権利者が行方不明になったり、相続人が不明なまま放置されたりするおそれがあります。そのような場合でも、法律に則り登記簿から除権することができますので、お気軽にご相談ください。

休眠担保権の抹消

 長い間放置されたままの明治・大正・昭和頃までの抵当権を「休眠担保権」といいます。不動産の売却処分等に不都合が生じますので、抹消しておくことをおすすめします。

申込から手続きの流れ・必要書類等

売買に関する手続き

  1. 1ヒアリング
  2. 2住民票や印鑑証明書など必要書類の収集
  3. 3必要書類の作成
  1. 4代金決済時に当事者様が署名・捺印(※1)
  2. 5登記申請
  3. 6登記済権利証(登記識別情報)など登記完了書類のご返却

※1 既に設定されている抵当権を抹消する必要がある場合や、購入にあたりローンを組む場合、金融機関等における諸手続が必要となります。

住宅ローン完済に伴う抵当権抹消

  1. 1ヒアリング
  2. 2解除証書など必要書類の収集
  3. 3委任状など必要書類の作成
  1. 4当事者様が署名・捺印
  2. 5登記申請
  3. 6登記完了書類のご返却

必要書類等に関しましては、書式ダウンロードページをご覧ください。