債務整理(自己破産・任意整理)

増えていく借金を整理したい。
そんな時はお早めに専門家にご相談ください。
認定司法書士が手続を行い、
債務者の方の経済的再生を図ります。

 多重債務など債務を負った債務者の方に代わって、認定司法書士が簡易裁判所の管轄(訴額140万円以内)の範囲内で裁判上や裁判外の手続を行い、債務者の方の経済的再生を図ります。また、自己破産や個人再生の手続きが必要な場合は、必要な裁判所提出書類の作成を代理いたします。クレジットカードローンや、消費者金融のローン、住宅ローンなど多くの負債を抱えてしまった場合は、お一人で悩まずに債務整理をご検討ください。

債務整理に関する業務

任意整理

 認定司法書士が、業者と対峙し、返済計画を立案します。ただし、140万円を超える債務については、弁護士を紹介しております。

個人破産

 債務が返済能力を大幅に超え、返済ができない場合、裁判所に提出する破産申立書の作成を代行いたします。破産手続きした場合、税金等の一定の債務を除き、債務が免除されます。ただし、一定の財産を除き、財産を手放さなければならない場合もあります。

個人再生

 債務が返済能力を大幅に超えるが、一定の収入がある場合、裁判所に提出する個人再生申立書の作成を代行いたします。個人再生手続きをした場合、債務が減額され、減額後の債務を原則として3年間で返済することで、他の債務は免除されます。住宅ローンを組んでいる方は、住宅を残したまま債務を整理することができる点に特徴があります。

過払金返還請求

 貸金業者から法定外の金利で借り入れを行い、返済を続けた場合、本来返済すべき金額以上に返済を行っていることがあり、その超過額(過払金)の返還請求をすることができます。過払金返還請求には、時効期限がありますので、お早めにご相談ください。

申込から手続きの流れ・必要書類等

債務整理に関する手続き

  1. 1ヒアリング
  2. 2委任契約の締結
  3. 3受任通知発送(取立てがストップします)
  1. 4債務整理の方針決定
  2. 5債権者との交渉・必要書類の作成