漫画でわかる!マツダシンヤ司法書士法人

松田信哉司法書士法人には、日々いろいろなご相談が寄せられます。そこで、よくあるご質問をマンガでご紹介。
民法にも詳しくなり、司法書士の業務を身近に感じていただける作品です。(※画像をクリックすると拡大表示されます)
 

No.9~10「成年後見制度」

 
※左から順番にご覧ください。

判断能力が不十分な方が不利益を受けないために、法律面や生活面でその方々を保護・支援してくれる人を付ける成年後見制度。高齢者を狙った不必要な契約や詐欺などの背景もあり、この制度の需要も高まっています。後見人になるのに特別な資格は不要ですが、一定の条件を満たしていなければなりません。
また、成年後見制度には、ご自身の判断能力がなくなる前に後見人を選ぶ「任意後見」、すでに判断能力がなくなった場合に裁判所に後見人を選任してもらう「法定後見」があります。これからの財産管理が不安…という方、成年後見制度に関するご相談も承っておりますので、お気軽にお問合せください。

No.7~8「会社を設立できる日・できない日」

 
※左から順番にご覧ください。

 登記申請をした日、つまり設立書類を作成・準備して法務局に提出した日が会社の設立日となります。なお、登記にあたっては、法務局で行う方法、郵送で行う方法、オンラインで行う方法の3種類がありますが、希望の日を会社設立日にしたい!という方は、少し注意が必要かもしれません。松田信哉司法書士法人では、株式会社の他、合同会社やその他の会社の設立登記における手続き・ご相談も承っておりますので、お気軽にお問合せください。

当事務所の商業登記に関する業務、手続きの流れはこちらをご覧ください。

No.4~6「不動産の権利書」

  
※左から順番にご覧ください。

 家の金庫やタンスの奥深くに大切にしまっている不動産の権利書。いざ探してみると、あるはずの場所に無い…なくしたかも…なんて、慌てる方もたまにいらっしゃいます。「勝手に名義変更されたり悪用されるの?」「権利書がないけど登記ってできるの?」と不安になる前に、一度マンガをチェックしてみてください。権利書(=登記済証)、不正登記防止申出の仕組み、登記申請の代替措置について説明しています。

当事務所の不動産登記に関する業務、手続きの流れはこちらをご覧ください。

No.2~3「遺言書に係る相続手続き」

 
※左から順番にご覧ください。

 “遺言書には種類がある?” “誤った書き方をすると、無効になっちゃう?” “必要書類は?” よく耳にする「遺言書」に関する疑問は、松田信哉司法書士法人におまかせください!実際に相続が発生した場合の対応まで、一連の流れをわかりやすく漫画で解説いたします。

当事務所の遺言書に関する業務、手続きの流れはこちらをご覧ください。

No.1「不動産の分割相続」

 
 遺言書のない法定相続の場合、土地や建物などの不動産を複数の相続人で分けるには、どのような方法があるのでしょうか。

 作品の中では、「現物分割」「換価分割」「代償分割」について説明しています。それぞれ特徴がありますが、現物分割も、売却による換価もできない場合に採用される「代償分割」には、気をつけなければならないことがあります。
遺産分割協議書に記載漏れがあれば、本来ならば支払う必要のない贈与税が課されるおそれもあります。後にトラブルにならないためにも、事前にしっかりと確認しておきましょう。

当事務所の相続・遺言に関する業務、手続きの流れはこちらをご覧ください。

  • シナリオ監修:松田信哉司法書士法人 /漫画:あると
  • 作品の無断転載、複写を禁じます。
  • 登場する人物、団体は、実在の人物および団体とは一切関係ありません。